詐欺

ニュース

【逮捕】藤井将貴 20歳男が高齢者からキャッシュカード2枚だまし取る

詐欺の疑いで逮捕されたのは、岡山市中区平井の無職、藤井将貴容疑者(20)です。    警察によりますと藤井容疑者は2日、警察官になりすまして倉敷市に住む71歳の男性の自宅を訪問し、キャッシュカード2枚をだまし取った疑いです。  藤井容疑者が訪問する前に男性宅に「詐欺の犯人を捕まえたら、あなた名義のキャッシュカードを偽造して持っていた。キャッシュカードを使えなくする必要があるので今から警察官を向かわせる」と電話がかかっていました。  倉敷警察署管内では特殊詐欺の「アポ電」が複数回あり、捜査員が警戒していました。そして男性宅から出てきた 藤井容疑者に職務質問をしたところ、「間違いありません」と容疑を認めたため、緊急逮捕しました。  警察が共犯者や余罪について調べています。
ニュース

【逮捕】兵頭大樹 23歳男が高齢者からキャッシュカードをだまし取る

大阪府警は27日、高齢者からキャッシュカードをだまし取ったとして、詐欺の疑いで住所不定の会社員兵頭大樹容疑者(23)を逮捕したと発表した。特殊詐欺でカードを受け取る「受け子」とみている。裾が不自然にすり切れたスラックスをはいているのを捜査員が不審に思い、職務質問して逮捕に至った。  府警によると、兵頭容疑者はスマートフォンの無料通信アプリで、服装を指南する指示役からスラックスの写真送信を求められていた。画像を送り「大丈夫だと思う」と指示役からお墨付きをもらっていたが、実際には裾の布がほつれ、ぼろぼろだった。
ニュース

【逮捕】中田佳明「芸能人の愛人に」30代女性から250万円だまし取る

中田佳明容疑者(51)は4月、30代の女性から現金およそ250万円をだまし取った疑いが持たれている。  警視庁によると、中田容疑者は「有名芸能人の愛人を探している」、「月に1000万円稼げる」などと女性に話を持ちかけた。さらに「愛人としてふさわしいか一緒に旅行に行って見極める」などと言葉巧みに女性を誘い出し、旅行代金などとして現金をだまし取ったということだ。  取り調べに対し中田容疑者は黙秘している。去年5月以降、同様の被害が複数確認されていて、警視庁は余罪についても捜査している。
ニュース

【逮捕】廣瀬誠・山下友希「ケーキにプラスチック」嘘の電話かけて現金だまし取る

詐欺の疑いで逮捕されたのは飯塚市の廣瀬誠容疑者(39)と山下友希容疑者(39)です。 警察によりますと、2人は5月飯塚市のケーキ店に「ケーキの中にプラスチックが入っていて子どもののどに刺さった」などとうその電話をかけ、現金6000円をだまし取った疑いがもたれています。 実際にケーキは買っておらず、被害にあったケーキ店からの通報で事件は発覚しました。 警察の調べに対し廣瀬容疑者は容疑を否認し、山下容疑者は認めています。 飯塚警察署管内では同様の被害を数件確認していて、警察は余罪についても捜査する方針です。
ニュース

【逮捕】小林睦永 会社役員の男が証券会社社員を装って690万円送らせる

津山署は25日、詐欺の疑いで、東京都足立区鹿浜、会社役員小林睦永容疑者(45)を逮捕した。  逮捕容疑は何者かと共謀し、2月中旬ごろから同21日までの間、津山市の女性(70)に証券会社社員を装い「(外国通貨を)あなた名義で700万円分購入した」と連絡した後、名義貸しは違法で刑事告訴を回避するには「700万円を用意していただく必要がある」などとうそを言い、現金690万円を東京都内のアパートに宅配便で送らせてだまし取った疑い。  同署によると、小林容疑者は宅配便を受け取っており、特殊詐欺グループの現金回収役とみられる。「他人になりすまして荷物を受け取ったことに間違いないが、何が入っているかは知らなかった」と犯意を否認している。
ニュース

【逮捕】高橋悠斗 21歳男が警察官を装ってキャッシュカードだまし取る

ことし3月、札幌市西区の90代の女性からキャッシュカードやクレジットカード合わせて4枚をだまし取ったとして、住所不定・無職の高橋悠斗容疑者21歳が逮捕・送検された。警察によると、事前に別の男が「キャッシュカードの暗証番号が漏れているのでカードを取りに行く」と嘘の電話をかけ、その後、警察官を装った高橋容疑者が女性の自宅を訪れ、キャッシュカードなどをだましとったという。また女性の口座からはその後、現金450万円が引き落とさていた。警察の調べに対し、高橋容疑者は、「生活費などの金が必要だった」と容疑を認めていて、警察は他にも余罪があるとみて、捜査を進めている。
ニュース

【逮捕】鈴木光志・江利子 銚子市職員と娘が他人名義のクレジットカードで商品購入

銚子市犬若に住む、銚子市生活環境課の職員、鈴木光志容疑者(59)は、今年3月、娘の江利子容疑者(33)が当時のアルバイト先で不正に入手した他人名義のクレジットカードの所有者を装い、成田市内の雑貨店でぬいぐるみなど15点、およそ2万6千円分を購入した疑いが持たれています。  娘が今年4月に別件で逮捕され、捜査の過程で今回の事件が浮上しました。  調べに対し光志容疑者は、商品を購入したことは認めているものの「娘がカードを使って大丈夫だというので買い物をした」と容疑を一部否認していて、娘は容疑を認めているということです。  警察は余罪があるとみて捜査を進めています。  市職員の逮捕を受け、銚子市の越川信一市長は「甚だ遺憾。今後事実関係を確認し、厳正に対処する」とコメントしています。