群馬県

ニュース

【事故】邑楽町鶉で軽乗用車が衝突して自転車の高校1年生が重傷

29日午前8時ごろ、邑楽町鶉の町道交差点を右折した館林市日向町の公立高校1年の男子生徒(15)の自転車に、右から直進してきた太田市鶴生田町の通信設備会社員、桜井啓輔さん(29)の軽乗用車が衝突。生徒は右足を骨折し、重傷を負った。大泉署が原因を調べている。  同署によると、交差点に信号機はなく、生徒は登校途中、桜井さんは会社から仕事現場へ向かう途中だった。
ニュース

【逮捕】田村隼人「墓の作りが許せなかった」31歳男が墓石など倒して破壊

この事件は、22日、群馬県藤岡市の寺で、墓石などおよそ60基が倒されて壊されているのが見つかったものです。 警察は、23日夕方、現場周辺を歩いていた田村隼人容疑者を不審に思い事情を聞いたところ、犯行を認めたため、器物損壊の疑いで逮捕しました。 警察の調べに対し、田村容疑者は「手を抜いたお墓のつくりが許せなかった」などと話し、容疑を認めているということです。 寺の周辺では、ほかの墓地でも同様の被害があり、警察は田村容疑者の犯行とみて捜査を進めています。
ニュース

【逮捕】霜垣慎治 沼田市職員の乗用車が他の車と衝突 飲酒検知を拒否

逮捕容疑は14日午後9時半ごろ、同市桜町のコンビニエンスストア駐車場で、酒のにおいがして酒気帯び運転をする恐れがあったため、同署員が呼気検査をしようとしたのに拒否したとしている。  調べに対し、「お酒を飲んだ事実はない」と供述。その後の検査で、基準値未満のアルコールが検出されたという。  霜垣容疑者は直前に、近くの国道120号交差点で乗用車を運転して、別の乗用車と衝突。相手の車の男性が同署に通報した。同署が飲酒先や事故原因などを調べている。  市は「職員が逮捕されたことは非常に遺憾。詳細が分かった段階で厳正に対処する」としている。
ニュース

【逮捕】松本定人 酒に酔った56歳夫が妻を包丁で刺す

警察によりますと、13日午後6時ごろ、前橋市富田町の住宅で「夫が飲酒して包丁を持っている。おなかを刺された」と妻から通報がありました。妻は腹を刺され重傷ですが、命に別条はないということです。 警察は、家の中にいた夫の松本定人容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕しました。調べに対し松本容疑者は、「妻を包丁で刺したことは間違いない」と認めた上で「包丁を振り下ろしたら当たってしまった」と殺意は否認しているということです。 松本容疑者は同居する父親と仲が悪く、当時、酒に酔った状態で包丁を持って父親の元に向かおうとしたところ、止めに入った妻を刺したということで警察は、詳しい経緯などを調べています。
ニュース

【逮捕】木戸和樹 乗用車が民家に突っ込んで住人の68歳男性が死亡

12日午後11時50分ごろ、太田市の県道で、乗用車が下り坂のカーブを曲がりきれずに民家に突っ込みました。この事故で、民家に住む無職の三田達章さん(68)が車の下敷きとなり、肋骨を複雑骨折するなどして病院に搬送されましたが、およそ6時間後に死亡が確認されました。三田さんは、車が衝突した角の部屋にいたとみられます。  警察は、乗用車を運転していた太田市の会社員・木戸和樹容疑者(23)を現行犯逮捕し、過失運転致死の疑いで捜査する方針です。
ニュース

【逮捕】古船場宣明 重要文化財「旧碓氷峠鉄道施設第17隧道」に落書き

逮捕されたのは、古船場宣明容疑者41歳です。  警察によりますと、古船場容疑者は、2019年5月14日、安中市にある国の重要文化財・「碓氷第17隧道」のトンネル内で、スプレー式の塗料で落書きした疑いがもたれています。  警察の取り調べに対し、古船場容疑者は、容疑を認めています。  落書きは、「男性の顔」と「水色で書かれた文字」の2種類あり、警察は、安中市からの被害届を受けて、捜査を進めていました。  その後、東京都在住の当時32歳の女性が浮上し、警察で聞き取りを行ったところ、「男性の顔を落書きした」と認めた一方で、「文字の落書きは、古船場容疑者が行った」と話したため、警察が逮捕状を請求し、今回の逮捕に至りました。  古船場容疑者と女性は、SNS上で知り合ったということですが、警察は、男性の顔を落書きしたとされる女性についても任意で捜査を進めています。
ニュース

【ひき逃げ】黒沢風哉「飲酒運転がバレる」20歳男が車に追突し逃走 兄妹怪我

高崎署は7日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで高崎市貝沢町の半導体製品製造工、黒沢風哉(ふうや)容疑者(20)を逮捕した。  逮捕容疑は同日午前0時半ごろ、乗用車を運転し、同市江木町の県道交差点で信号待ちをしていた玉村町の男性会社員(24)の軽自動車後部に追突、そのまま逃走したとしている。男性と同乗の妹(19)は首や腰を打つ軽傷。  同署によると、男性が黒沢容疑者の車のナンバーを確認して通報、同署員が自宅付近を運転していた黒沢容疑者を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕、その後の調べから、ひき逃げ容疑で逮捕した。「飲酒運転がばれると思った」と容疑を認めている。