児童買春

ニュース

【逮捕】片山育男 旭川市立東町小学校の教諭が16歳少女にみだらな行為

児童買春などの疑いで逮捕されたのは、旭川市立東町小学校の教諭片山育男容疑者47歳です。片山容疑者は、ことし5月の「こどもの日」、旭川市内のホテルで、当時16歳のアルバイトの少女に現金2万円を渡し、淫らな行為をした疑いが持たれています。警察によりますと、片山容疑者と少女はツイッターで知り合い、警察がサイバーパトロールで少女を補導したことから事件が発覚しました。片山容疑者は、調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているということです。
ニュース

【再逮捕】橋本貴仁 大阪府前文化課長が10代少女に4万円渡してわいせつ行為

18歳未満の少女に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、大阪府警は1日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、大阪府の前文化課長橋本貴仁容疑者(52)=兵庫県川西市大和西=を再逮捕した。黙秘している。  再逮捕容疑は、3月下旬、大阪市のホテルで2回にわたり、18歳未満と知りながら、10代後半の少女に現金計4万円を渡し、わいせつな行為をした疑い。府によると橋本容疑者は当時、文化課長を務め、新型コロナウイルスの対応にも携わっていた。大阪府が兵庫県との往来自粛を要請するなど市民生活にも影響が出始めていた。
ニュース

【再逮捕】漆原貴 県立広島病院の医師が女子中学生にいかがわしい行為&動画撮影

児童ポルノ法違反などの疑いで再逮捕されたのは、県立広島病院の医師で主任部長の漆原貴容疑者(60)です。  警察によりますと、漆原容疑者はことし1月、広島市中区の自宅で、当時12歳の女子中学生にいかがわしい行為をしたうえで動画を撮影し、自分の携帯電話とノートパソコンに動画を保存した疑いが持たれています。  漆原容疑者は、容疑を認めているということです。警察によりますと、漆原容疑者は、SNSを通じて女子中学生と知り合ったということです。  漆原容疑者の携帯電話やパソコンから未成年とみられる複数の少女の画像などが見つかっていて、警察は同様の余罪があるとみて捜査をしています。
ニュース

【逮捕】山口知仁 栃木県職員が女子中学生に現金渡してみだらな行為

児童買春と児童ポルノ法違反の疑いで逮捕されたのは栃木県職員の山口知仁容疑者(31)です。 山口容疑者は今年1月、南魚沼市のホテルでSNSで知り合った中越に住む中学生の女子生徒(当時14)が18歳未満であることを知りながら、現金3万円を渡して児童買春した疑いがもたれています。 警察によりますと、別の事案で女子生徒に話を聞いていたところ、今回の事案が発覚したということです。 警察の調べに対し、山口容疑者は「おおむねその通りです」と話し、容疑を認めています。 警察は余罪も含めて捜査しています。
ニュース

【逮捕】山崎博通 54歳男が13歳の女子中学生に現金渡してみだらな行為

愛知県豊田市の自動車部品製造会社の社員、山崎博通容疑者(54)は、去年3月、名古屋市港区のホテルで、ツイッターで知り合った当時13歳の女子中学生に現金3万円を渡してみだらな行為をした児童買春などの疑いがもたれています。(※崎は旁の上部の「大」が「立」)  去年5月に女子中学生と母親が警察に相談し被害が発覚。  警察の調べに対し山崎容疑者は、「18歳未満とは知りませんでした」と容疑を一部否認しています。
ニュース

【逮捕】19歳少年らが高校のトイレや合宿先で女子生徒ら29人盗撮

福岡県警は県迷惑行為防止条例違反と児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの疑いで大学生の少年(19)を逮捕、18~19歳の少年4人を書類送検し、19日発表した。逮捕された少年は「このようなことはしていない」と容疑を否認、他の4人は認めているという。  県警によると、5人は同じ部活動に所属し、3月に卒業した。5人は高校生だった2018年8月~19年12月、高校の女子トイレや合宿先の旅館の浴場、知人宅の風呂場などで女子生徒ら計29人を盗撮した疑いがある。昨年12月、女子生徒がトイレで盗撮されているのに気づき、警察に相談していた。  5人のスマートフォンには、盗撮したとみられる動画計約100本が保存してあった。米アップル社「iPhone」の通信機能「AirDrop(エアドロップ)」で動画を共有していた。外部への流出は確認されていないという。
ニュース

【逮捕】円城寺威 40歳男が女子高校生2人に現金渡してみだらな行為

女子高校生2人に現金を渡し、みだらな行為などをしたとして、神奈川県警茅ケ崎署は17日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、同県横須賀市佐野町のリフォーム会社役員、円城寺威容疑者(40)を逮捕した。容疑を認めている。  逮捕容疑は令和元年11月24日午後4時ごろから約2時間にわたり、相模原市南区のホテルの一室で、いずれも東京都町田市に住む当時高校1年だった無職少女(16)と、現在高校2年の女子生徒(17)に現金2万円を渡し、少女にはわいせつな行為を、女子生徒にはみだらな行為をしたとしている。  同署によると、昨年、少女らがSNS(会員制交流サイト)に性被害に遭う恐れのある書き込みを行っているのを、同署員らがサイバーパトロールで発見。事情を聴いたところ、すでに円城寺容疑者から被害を受けていたことが発覚した。