【逮捕】行友了 高松北署の警務課主任が覚醒剤?を譲り受ける

報道によりますと、高松北警察署に勤務する47歳の警察職員の男が今年1月、覚醒剤のようなものを譲り受けた疑いで27日朝、逮捕されました。

事件現場

香川県高松市のドラッグストアの駐車場です。

報道

麻薬特例法違反の疑いで逮捕されたのは高松北署の警務課主任、行友了容疑者(47)です。

香川県警によりますと、行友容疑者は今年1月13日午後9時ごろ、覚醒剤をみだりに譲り受ける意思を持って、高松市のドラッグストアの駐車場で覚醒剤のようなもの若干量を譲り受けた疑いです。

警察がサイバーパトロールで薬物取引と思われるやり取りから事件を認知。渡した人物についてや容疑者との関係性は捜査上言えないとしています。

また、行友容疑者の認否も明らかにしていません。

香川県警の河合首席監察官は「警察職員の逮捕は誠に遺憾。今後の捜査で明らかになった事実に即し厳正に対処する」とコメントしています。

引用元『』

コメント