【事件】八尾市末広町のアパートで57歳母親と24歳息子の遺体が見つかる

報道によりますと、アパートの一室で、この部屋に住む57歳女性と24歳息子が死亡しているのが見つかりました。

事件現場はどこ?

大阪府八尾市末広町3のアパートです。

どんなことがあったの?

22日午前11時50分ごろ、大阪府八尾市末広町3のアパートの一室で、この部屋に住む無職の古賀香代子さん(57)と、息子で住所・職業不詳、森田幹雄さん(24)が死亡しているのを、訪ねてきたケアマネジャーの男性が見つけ110番した。

2人に目立った外傷はなかった。

水道やガスが止まった状態だったといい、八尾署が死因や死亡した経緯を調べている。


同署によると古賀さんは和室に敷いた布団で、森田さんはその隣にあるベッドでそれぞれあおむけに倒れていた。

部屋は無施錠で、荒らされた形跡はなかったという。


古賀さんは1人暮らし。

両脚が不自由で介護を受けていた。

生活保護を受給していたが、保護費を受け取ったのは昨年12月が最後だったという。

2人とも死後1カ月ほど経過している可能性が高いが、遺体の状況から古賀さんが先に死亡したとみられるという。

引用元『毎日新聞』

Twitter 生活苦などに関するツイート

介護に関するツイート

コメント