【事故】北海道鹿追町でバイクとワゴン車が衝突して男性ライダー死亡

報道によりますと、北海道鹿追町の道道でバイクと対向のワゴン車が衝突して男性ライダーが死亡する事故がありました。

事故現場

北海道鹿追町です。

報道

北海道・鹿追町の道道で25日正午前、然別湖方向から走ってきたバイクが対向してきたワゴン車の右側面に衝突した。

バイクを運転していたのは40代と見られる男性で、搬送先の病院で死亡が確認された。ワゴン車には運転していた70代の男性ら2人が乗っていたがけがはない。

現場は覆道でバイクから見て左カーブになっている。然別湖から3キロほどで急なカーブが連続し、観光で来たバイクなどが多く利用する道路だという。

引用元『https://news.yahoo.co.jp/articles/dc628f69e38ee6753d778ad110c7b964dc63ed95・STVニュース北海道』

みんなの意見

■バイクの性能が上がり、早くて、安定してカーブも走れて、故障もほとんど無くなり、パンクもいきなり危なくなるような挙動を起こすことも無くなりました。書き上げると良いことだらけになったけど運転する人は変わらず人間なんだよね。

何が言いたいかというと早いと対応できない。疲れれば散漫になる。機械の限界は人の限界ではない。自分の限界より余裕を持って運転しようと思います。

■バイクツーリングは本当に楽しく爽快です。しかし一歩油断すると危険が付き物です。

私は過去2名の友人をバイク事故で亡くし1人は32年経っても記憶喪失のまま生きている。いづれも自らのスピードの出し過ぎが原因だった。周りの悲しむ人がいる事を考えてスピードだけは出し過ぎず注意して走って欲しい。

■バイク事故を選んで報道するから最近バイクの事故が増えた気がするが事故はいつも起こってたはず。まあ高齢者のバイク事故の注意喚起には成るけど。

自分も16からずっと乗り続けてますが一時期スポーツバイクを購入しましたが自分の状況判断がバイクの性能に追いついていない事を知り半年で手放し250に戻りました。

あのまま乗ってたら今頃どうなってたことか とにかくバイクで死ぬな旨い運転とは事故らない事です

■今は、格安のバイク用ドラレコあります、自車には取り付けしてます。画像ちょっと今一だが十分状況判断材料にはなる、そして自身の運転を客観的に見れます。

昨今中高年やリターンライダー記事が多くなった気がします、長年の経験を謳うなら後世代若者の手本となれるべき余裕のある運転を願います。

引用元『Yahoo!ニュース みんなの意見』

ひとこと

北海道鹿追町でバイクの男性とワゴン車が衝突して男性ライダー1人が死亡した今回の事故。

事故原因は明らかになっていませんが、ネットではバイク・自動車ともに「運転マナーが悪いものがいる」「車線をはみ出しているものがいる」などの意見が見られ、今日のさまざまな運転マナーの問題が上がっていました。

運転手、一人一人が自らの命だけでなく、他の方の命もハンドルと共に握っているということを意識して少しでもこのような事故が減ることを願っています。

コメント