【逮捕】大石惠美子 宝塚市立病院の職員が患者のキャッシュカード使って現金盗む

報道によりますと、兵庫県宝塚市の市立病院の臨時職員が、入院患者のキャッシュカードを使い、現金80万円を引き出したとして、逮捕されました。

事件現場はどこ?

兵庫県宝塚市小浜4丁目5−1にある『宝塚市立病院』です。

どんなことがあったの?

窃盗の疑いで逮捕されたのは、宝塚市立病院の臨時職員・大石惠美子容疑者(67)です。

大石容疑者は去年11月、入院していた80代の女性の財布からキャッシュカードを抜き取り、コンビニのATMなどで4回に分けて、合わせて現金80万円を盗んだ疑いが持たれています。

身に覚えのない出金に気付いた、女性の息子から「カードが不正に使用されているかもしれない」と相談を受け、警察が捜査していました。

調べに対し、大石容疑者は容疑を認めていて、警察は暗証番号を知った経緯などについて、調べを進めています。

宝塚市は、会見を開いて謝罪し「事実関係を確認したうえで、厳正に対処する」と話しています。

引用元『関西テレビ』

Twitter 窃盗に関するツイート

コメント