【火災】栗原市一迫柳目「大江電気商会」消防隊員6人が石壁の下敷きになり怪我

報道によりますと、宮城県栗原市で火事があり、消化活動をしていた消防隊員6人が一時下敷きになる事故がありました。

報道

30日、午後5時40分ごろ、栗原市一迫柳目の「大江電気商会」で火事があり、

火はおよそ3時間半後に消し止められましたが、店舗や倉庫など5棟が焼けました。

また、火事で焼けた石造りの蔵の壁が崩れ、近くで消火活動をしていた20代から50代の消防隊員6人が一時、下敷きになりました。

消防隊員は病院に搬送されましたが、全員、意識はあるということです。

警察と消防は出火原因を調べるともに、消火体制が安全だったか確認しています。

引用元『仙台放送』

火災現場

宮城県栗原市一迫柳目曽根除下41−1の「大江電気商会」です。

コメント