【事故】那須塩原市 東北道で車6台絡み2人意識不明の重体

報道によりますと、栃木県の東北自動車道で、トレーラーや乗用車など6台が絡む事故があり、2人が意識不明の重体です。

事件現場はどこ?

栃木県那須塩原市の東北道の下りです。

どんなことがあったの?

25日午前4時半ごろ、東北道の下り、西那須野塩原インターチェンジの2キロ手前付近で、「止まっていた車にぶつけてしまった」とトレーラーの運転手から110番通報がありました。

警察によりますと、中央分離帯に衝突したとみられる乗用車にトレーラーが衝突し、その後、別のトレーラーや乗用車など4台が次々と衝突したということです。

最初に事故を起こした乗用車の30代の女性と、別の乗用車の60代の男性が意識不明の重体です。

この事故の影響で、東北道の下りは、矢板インターチェンジと西那須野塩原インターチェンジ間で通行止めが続いています。

引用元『TBS系(JNN)』

Twitter 事故現場のようす

みんなの意見

最初に事故を起こした車は自業自得だけど、トレーラーの破壊力は半端ないですね。
しかし、アクアの後席部分がペシャンコですね。

午前4時半に高速道路上にいきなり停車車両。
これ避けるの難ゲーじゃないかい

東北道の2車線区間走ってて思うのは、車間距離詰めて高速走行してる人が多い。
県北区間はなだらかなアップダウンが多くて速度低下して急に詰まってる事があるから危ない。

乗用車2台が中央分離帯に衝突して停止。

そこに大型トレーラーが突っ込み、さらに何台か突っ込んだらしい。

コメント