【事故】筑前町栗田 心筋梗塞?64歳男性が運転する車が電柱に衝突

報道によりますと、12日未明、福岡県筑前町で、軽乗用車が道路沿いの電柱に衝突する事故がありました。

運転していた64歳の男性は、衝突前に心筋梗塞で意識を失っていたと見られていて、その後、死亡しました。

事件現場はどこ?

福岡県朝倉郡筑前町栗田の県道です。

どんなことがあったの?

警察によりますと、午前2時10分ごろ、朝倉郡筑前町栗田の県道で、軽乗用車が道路沿いの電柱などに衝突する事故がありました。

運転していたうきは市の64歳の男性は、意識不明の状態で朝倉市内の病院へ搬送されましたが、およそ1時間15分後、死亡しました。

現場は、片側1車線の見通しの良い直線道路でした。

その後の警察の調べや検死の結果、死亡した男性は心臓に持病があり、衝突事故前に心筋梗塞で意識を失っていたと見られていて、死因も病死と見られています。

引用元『九州朝日放送』

Twitter 心筋梗塞に関するツイート

コメント