【殺人】菊川市赤土でブラジル人夫婦が覆面男に刺されて妻軽傷 夫死亡

報道によりますと、17日夜、静岡県菊川市でブラジル国籍の夫婦2人が何者かに刃物のようなもので刺され夫が死亡、妻がけがをしました。

警察は捜査本部を設置して犯人の行方を追っています。

今後の情報にご注意ください。

事件現場はどこ?

静岡県菊川市赤土です。

付近には、『セントロ・デ・エンシノ・ニポ・ブラジレイロ』『ファミリーマート小笠赤土店』『CESC Kikugawa』『NPO SORRISO DE CRIANÇA』などが建ち並んでいます。

どんなことがあったの?

17日午後7時半過ぎ、静岡県菊川市で被害にあった女性が知人を通し「旦那が刺された」と消防に通報しました。


警察によりますと、近くに住む派遣社員でブラジル国籍のデ・ソウザ・マルコスさん(44)が刃物のようなもので上半身を複数箇所刺され、およそ1時間に死亡しました。

通報した妻で派遣社員のタカハシ・デ・ソウザ・クリスチャーネ・マリーさん(43)も切りつけられましたが軽傷で、命に別状はありませんでした。

犯人は現場から徒歩で逃走していて、警察は捜査本部を設置して犯人の行方を追っています。

引用元『TBS系(JNN)』

産経新聞の報道

17日午後7時半ごろ、静岡県菊川市赤土で「夫がナイフでやられた」と、ブラジル人の妻が勤務先を通じて通報した。

静岡県警によると、夫が自宅前で血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。

妻も腕に切り傷を負ったが、命に別条はないという。

現場から凶器は見つかっておらず、妻が「襲った男が逃げた」と話しており、県警は殺人事件として菊川署に捜査本部を設置した。


県警によると、夫婦はいずれもブラジル人で、死亡したのは派遣社員のデ・ソウザ・マルコスさん(44)。

負傷した妻は派遣社員のタカハシ・デ・ソウザ・クリスチャーニ・マリーさん(43)。


マルコスさんは勤務先から帰宅した際、自宅前で男に刃物で複数箇所を刺された。

自宅にいたマリーさんが屋外でもめているような声を聞いて自宅を出たところ犯行を目撃。

制止しようとしたが、切り付けられた。


男の国籍や年齢は不明。上下とも黒っぽい服装で、刃物を持ったまま逃走したとみられる。

マリーさんは犯人について「面識はない」と話しているという。

引用元『産経新聞』

Twitter 事件に関するツイート

コメント