【事件】三田市けやき台 自殺?15歳の男子高校生が橋から転落して死亡

報道によりますと、5月28日夕方、三田市の遊歩道で、高校1年の男子生徒がおよそ25メートルの高さの橋から転落し、死亡しました。

警察が詳しい経緯を調べています。

報道

28日午後6時15分ごろ、兵庫県三田市けやき台にある遊歩道で、近くに住む高校1年の男子生徒(15)が血を流して倒れているのを通りかかった人が見つけ、消防に通報しました。

男子生徒は搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、遊歩道からおよそ25メートルの高さにある橋の欄干を男子生徒が飛び越えるところを目撃した人がいたということです。

男子生徒は午後5時半ごろに母親に「走ってくる」と伝えて家を出ていました。


男子生徒は市外の県立高校に通っていて、27日の登校日に変わった様子はなかったということです。

警察が転落の詳しい経緯を調べています。

引用元『サンテレビ』

兵庫県三田市けやき台6で28日午後、近くに住む県立高校1年の男子生徒(15)が橋から飛び降りたとみられる死亡事故で、

生徒の親や学校が三田署の調べに、動機に心当たりがないという趣旨の説明をしていることが29日、関係者への取材で分かった。


関係者によると、生徒は28日午後5時半すぎ、母親に「走ってくる」と告げて自宅を出た後、

平谷大橋北側の歩道から走って橋の柵を跳び越え、下の遊歩道に転落したとみられる。

入部を決めた野球部のものとみられる帽子が近くに落ちていた。遺書などは見つかっていない。


生徒は同日午後6時すぎ、遊歩道で倒れているのを通行人に発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

飛び降りる姿を複数人が目撃しており、同署は自殺とみている。


学校は新型コロナウイルス感染症の影響で休校中だった。

生徒は27日に臨時登校したが変わった様子はなく、学校もいじめなどは把握していないという。

引用元『神戸新聞NEXT』

事件現場

兵庫県三田市けやき台にある遊歩道です。

コメント