【事故】志摩市浜島町の県道17号で軽トラックが信号に衝突 22歳男性が死亡

報道によりますと、三重県志摩市の県道で1日朝早く、信号の柱にぶつかった軽トラックの近くの路上に男性が倒れているのが見つかりました。

男性はその後死亡し、警察は男性が事故を起こしたものとみて調べています。

事故現場

三重県志摩市浜島町迫子の県道17号です。

報道


志摩市浜島町迫子の県道17号で1日午前6時頃、通行人の女性から「軽トラックが電柱にぶつかっている。30代くらいの男性が道路に倒れている」と消防に通報がありました。

消防が駆け付けると、交差点にある信号の柱に軽トラックがぶつかり、近くの路上に男性が倒れているのがみつかりました。

男性は、志摩市に住む市川蒼志さん(22)でおよそ4時間後、搬送先の病院で死亡が確認されました。


警察によりますと市川さんは、親戚と釣りをするため現場近くの港に向かう途中だったということです。

警察は市川さんが事故を起こしたものとみて調べています。

引用元『東海テレビ』

みんなの意見

信号という事は交差点、単なる居眠りやスピードの出しすぎで曲がり損ねただけかも知れないけど、信号無視の車とかを避けようとして信号機に衝突したなんて事だって考えられる。

やっぱ、ドラレコって必要やね。


スピード出しすぎの可能性かあるかも。軽トラは特にスピード超過に注意した方がいい。


交通規則を軽く見てるやつはいつか事故を起こすと思うよ。家族や友達は悲しんでるよ。


22歳か…これからなのに。やはり事故はこわい


コメント