【事故】岩泉町岩泉の災害復旧工事の現場で作業員が水路に転落死

報道によりますと、11日午後、岩手県岩泉町の災害復旧工事の現場で護岸工事をしていた48歳の男性が水路に転落して亡くなりました。

事件現場はどこ?

岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉の災害復旧工事の現場です。

どんなことがあったの?

亡くなったのは岩泉町袰野の会社員江俣充孝さん48歳。

警察によると、江俣さんは、11日午後1時頃、岩泉町岩泉の災害復旧工事の現場で水路に転落しているのを一緒に作業していた同僚が発見し、消防に通報した。

江俣さんは全身を強く打って意識がない状態で病院に運ばれたが、約7時間半後に死亡が確認された。

江俣さんは同僚6人と一緒に11日午前7時半頃から県道沿いの河川の護岸に型枠を取り付けていたが、約6メートル下の水路に誤って転落したとみられている。

警察で水路に転落した原因を調べている。

引用元『テレビ岩手ニュース』

Twitter 災害復旧工事に関するツイート

コメント