【事故】猪名川町広根 サイロ内に男性が転落し生き埋めになり死亡

報道によりますと、サイロ内に男性作業員が転落して生き埋めとなり、救助されましたが死亡する事故がありました。

事件現場はどこ?

兵庫県猪名川町広根の建設会社です。

どんなことがあったの?

22日午後5時10分ごろ、兵庫県猪名川町広根の建設会社で、同社会長の男性(87)=大阪府池田市=がサイロ内に転落し、砂に生き埋めになった。

約1時間半後に救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。


川西署によると、男性は2人の作業員とともに、砂を貯蔵した高さ約10メートル、直径約6・5メートルのサイロの修繕作業をしていた。

サイロに架かったはしごから下へ降りる際、足を踏み外して落下したという。

同署が事故の原因を調べる。

引用元『神戸新聞NEXT』

Twitter サイロに関するツイート

コメント