【逮捕】平井賢一 61歳男が飲酒運転して信号待ちの車に追突

報道によりますと、29日夜、札幌市北区の交差点で、追突事故を起こした61歳の男が、危険運転傷害の疑いで逮捕されました。

男の呼気からは、基準値の5倍以上のアルコールが検知されたということです。

事件現場

北海道札幌市北区篠路2条5丁目の交差点です。

報道

29日午後9時半ごろ、札幌市北区篠路2条5丁目の交差点で、乗用車が信号待ちをしていたSUV車に後ろから突っ込みました。

追突された車の20歳の会社員の男性は、腰を痛める軽いけがです。

乗用車を運転していた札幌市北区の大工、平井賢一(ひらい・けんいち)容疑者の呼気からは、基準値の5倍以上のアルコールが検知され、警察は危険運転傷害の疑いで逮捕しました。

調べに対し、平井容疑者は、酒を飲んで運転したことを認めているということです。

引用元『北海道放送(株)』

コメント