【逮捕】フィリピン国籍の男が牛の頭と前足を切断して盗む

報道によりますと、岐阜県坂祝町の放牧場で31日未明、牛が頭と前足を切断されて死んでいるのが見つかりました。

警察は現場近くにいた自称フィリピン国籍の男を牛を盗んだ疑いで逮捕しました。

事件現場

岐阜県坂祝町の放牧場です。

報道


逮捕されたのは自称フィリピン国籍で、住所不詳、無職のガリンド・オスワルド・アレマニア容疑者(46)です。(※国籍、年齢、住所、職業、氏名いずれも自称)

ガリンド容疑者は31日午前1時ごろから4時ごろまでの間、坂祝町の放牧場に侵入し、牛を盗んだ疑いが持たれています。

牛は解体され頭と前足が切断されて、なかったということです。


午前4時過ぎに牧場から1キロほど離れた美濃加茂市で、パトロール中の警察官が自転車に乗ったガリンド容疑者と、一緒にいた別の男に職務質問し、ガリンド容疑者が確保されました。

ガリンド容疑者の自転車には牛のものとみられる血がついていたことなどから、警察が逮捕しました。

一緒にいた男は逃走しました。


警察によりますと牛は、メスの4歳の黒毛和種で、体重が500キロ、時価で70万円相当だということです。

牛の体の一部はまだみつかっておらず、警察は犯行の手口などからガリンド容疑者が逃げた男と共謀し、牛を解体して盗んだとみて調べています。

引用元『東海テレビ』

みんなの意見

他国の人々を受け入れる難しさ。常識や文化が、違う。

多くの日本人は、相手に合わせようとするが、他国の人々は、我が一番。ってのが有るんだろう。日本人にも、増えて来てるかな。


怖い・・・・ただ、ただ怖い。来ていきなり頭と足を切られても・・・切られた牛は、どんな思いだったかなぁ・・あまりに残酷でショックしかない。


本当に犯罪でしか稼ぐ事ができないのか。日本にいてフィリピンを活かしたビジネスは本当にないのか。私だったらそっちを考えるな。。


以前ヤギを解体して食べた外国人居ましたね。グローバルな世界になったとはいえ、個人的には外国人は少ない方がいい。


犯罪目的の外国人を水際で判別できない。

日本に住んでいるうちに簡単に盗めると思ってしまう。防犯カメラをもっと増やした方がよい。警官が探すより早いし費用も人件費より安い。

一度でも犯罪を犯した外国人は賠償金と国外退去。二度と日本に来れなくしてほしい。刑務所に入れると費用もかかるし、別に更生は望まない。


近年、収穫間近の果物がゴッソリと盗られる事件がおこるようになってきて、嫌な時代になったなと思ってたけど、今度はとうとう牛ですか。しかも手口が荒すぎる。ダイレクトに恐怖を感じます。


コメント