【逮捕】藤岡啓恵 乗用車とオートバイが衝突 64歳男性が意識不明の重体

報道によりますと、13日午後、宮城県大和町の国道で乗用車とオートバイが衝突し、オートバイを運転していた男性が、意識不明の重体となっています。

報道


13日午後2時頃、宮城県大和町宮床の国道457号線で、仙台方面に直進していたオートバイが、左側にある施設の通路から右折しようとしていた乗用車と衝突しました。

この事故で、オートバイを運転していた仙台市青葉区新川の会社役員、熊谷敬一さん(64)が、頭などを強くうち意識不明の重体です。

警察は、乗用車を運転していた仙台市宮城野区福室6丁目の会社員、藤岡啓恵容疑者(31)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

現場は、片側1車線の直線道路で、警察の調べに対し藤岡容疑者は、「オートバイに気付いた時には遅かった」と話しているということです。

警察が、当時の状況を詳しく調べています。

引用元『TBC東北放送』

事件現場

宮城県大和町宮床の国道457号線です。

みんなの意見

ライダーですが、64歳でこのバイクはなかなか、、、、
クルマの方が悪いのだろうけど、普通のバイクだったらもしかすると避けれた事故かもね。


バイク乗りだけど、このバイクが公道走れるのに無理がある。まともにコントロール出来ないよ。しかも、64歳って。。 過失割合は車が多いとしても。こんなバイクが走れる環境を変えないといけないと思う。


64歳でこの改造?まともに前を見えるのかな?加害者に過失があるにはあるけど、被害者もそれなりに過失ありそうだな。この改造じゃなければ、もしかしたら避けられた事故かもしれない。
明日は我が身と思い気を付けよう


確かにこれだけチョッパースタイルだと正面は見えますが、自分の腕に隠れて左右が見えにくいかもですね。
あと、この様なハンドルは経験上長時間乗ると指先に血液が行きにくくなるのか、手の感覚が鈍くなり危険です。また、フロントフォークの伸ばしすぎると、タイヤの切角が小さくなるので、とっさの回避が難しくなると思いますよ!!


こんなにフロントフォークを長くしたらマトモに曲がるのすら困難。
改造申請しているとは思えないから、おそらく違法改造だろう。
これでは危険回避行動なんて出来ない。
ノーマルだったら回避行動が取れて意識不明までにはならなかったかも知れない。
車の方にも落ち度はあると思うが、危険回避がマトモに出来ないバイク側にも落ち度はあると思う。


車が確認無しに出てきたのだろうがバイクもいじり過ぎで前が見にくかったのではないかな。普通のバイクなら結果が違ったかも知れない。


フロントフォークがほとんど曲がっていないので、バイクが急ブレーキなどで転倒した後本人が直接車にぶつかった事故と思います。バイクが転倒しなかったら状況は変わっていたのかもしれません。
この手のバイクのライダーを見ると、フルフェース型をしている人はほとんどいませんね。ヘルメットはフルフェース型を被っていないと顔面をやられるので怖いです。後それから、胸部パッドも着けた方が良いです。


流石にバイクのこの改造はないだろうと思う。
俺もバイクは乗るが、普通が一番だと思うし事故対象のバイクに乗って障害物を急停車しようにもハンドルブレて止まらないと思う。
過失割合にしろこの改造車両揉めそうなのと、保険屋も違法改造だと保険料支払わない場合もある。