【事故】薩摩川内市東郷町鳥丸で高所作業をしていた60歳男性が転落死

報道によりますと、22日、鹿児島県薩摩川内市で電柱にケーブルを通す作業をしていた男性が何らかの原因で地面に転落し、その後死亡しました。

報道


警察によりますと、22日午後3時50分ごろ、鹿児島県薩摩川内市東郷町鳥丸の山あいで、電柱に通信用のケーブルを通す作業をしていた男性が地面に倒れているのを、別の場所で作業をしていた工事関係者が発見しました。

この事故で、鹿児島市喜入一倉町の通信工事業弓指京一さん(60)が鹿児島市内の病院に運ばれましたが、およそ4時間半後に死亡が確認されました。


弓指さんが倒れていた場所のそばには、地上7メートルの電柱があり、3メートル以上ある工事用の脚立が立てかけられていたということです。

警察は、弓指さんが何らかの原因で電柱か脚立から転落したものとみて、事故の原因を調べています。

引用元『KTS鹿児島テレビ』

事故現場

鹿児島県薩摩川内市東郷町鳥丸です。

みんなの意見

転落防止措置もそうだけど高所の作業はやっぱり複数でやらないと。転落してからどのくらいで発見されたのかわからないけどそばで監視人や補助員がいたら、状況はかわっていたかもしれないね。1人作業禁止!


フルハーネスをつけて、作業をしましょう。
法改正で、比較的低いところでも充分な足場を確保できない場合は、つけないといけません。
命綱です。


そうならない為に安全帯があるんだろうけど。
ご冥福をお祈りします