【事故】小矢部市嘉例谷 国道471号で車が木に衝突して少年5人が重軽症

報道によりますと、富山県小矢部市で乗用車が道路脇の樹木に衝突する事故がありました。

報道


23日午前1時55分ごろ、富山県小矢部市嘉例谷(かれいだに)の国道471号で、乗用車が道路脇の木に衝突して炎上した。

この事故で、いずれも石川県白山市に住む職業不詳の18~19歳の少年5人が全身を強く打ち、病院に搬送された。

5人とも意識はあるが、重傷の模様。

小矢部署によると、現場は山間部を走る片側1車線の急なカーブ。

運転していたのは18歳の少年で、曲がりきれずに対向車線にはみ出し、そのまま道路脇の木に衝突したらしい。

5人は中学の同級生で、ドライブ中だったという。

引用元『朝日新聞デジタル』

事故現場

富山県小矢部市嘉例谷の国道471号です。

みんなの意見

カーブを曲がりきれないスピードで走行したら曲がりきれないって事を体験できましたね。


免許取り立ての子が調子にのった運転をして事故るのは、昔からこの時季の恒例行事みたいになってるな。


アクセル踏めば今の車は走ってしまう
でもそれをコントロールするのは人間
アクセル操作よりブレーキ操作ができてないドライバーが多いのでは?
ま、怪我で済んで助かったな


巻き添えの車がなくて良かった。
免許取り立てで無謀な運転して事故を起こす人がいるけど、ある特徴をだいたいもっています。


新免、18歳、深夜、仲間4、5人、自損、
大怪我か死亡事故。
毎年恒例の事故だが、本人達は知らない。
警察が新免者、深夜ドライブ事故の写真を拾い上げて、新免者教育するべきだろう。飲酒運転禁止同様に。


自分も遙か数十年昔、免許取り立ての友達に誘われて夜な夜なドライブに行っていた。初心者の運転を信じてよく平気で助手席に乗ってたものだと思う。
当時は親も気が気ではなかったんじゃないかな。
親御さんは、深夜に警察から電話がありゃ仰天しますわな。


初心者や人を乗せ慣れてない人にあるが

積載量が増加するとハンドリング、制動距離、ブレーキの効き、遠心力等大きく変わるのを知らないまま一人運転の感覚で乗員満載で飛ばして曲がりきれずぶっ飛ぶ

命があっただけ運が良かったですね


車がカーブを曲がり切れず木に衝突、炎上。
言い方悪いけど五人ともよく生きてたな。
懸命に救助してくれた人達や治療してくれたお医者さんに感謝して、危ない運転はしないで。一度助かった命だと思って。


普段は1人で運転していると思うが、5人乗った場合は早めのブレーキを掛けないと、速度が十分に下がらず追突や曲がり切れなかったりする。
きちんと経験積んでからじゃないと、人なんか乗せるもんじゃない。


免許取って数か月しか経っていないだろうけど、炎上して一人も死者がいなかったのは奇跡としか言いようがない。教習の過程で『車を運転するということは社会的な責任を持つ』と習っているはず。事故の怖さを身をもって知った教訓になったでしょう。運転者には重い刑事罰(禁固刑または高額の罰金刑)と行政罰(免許停止または取り消し)が科される。


免許取り立てで友達とドライブなんて一番典型的なあるあるだね。
友達を大怪我させちゃったのは後悔するだろうけど、今後は生涯安全運転に努めて下さい。


以前交差点を左折する車が普通のスピードで入ってきて中央分離帯にあるポールに激突していた。

交差点のど真ん中で信号が赤に変ったとたん停止して、後続車に追突されてるのもいた。

この年代の子はスピード出し過ぎよりも、おしゃべりに夢中になってしまうのか周囲の状況判断が出来ず、咄嗟の事にテンパッってそのまま事故るケースの方が多いように見える。

友達同士のドライブは楽しいけど、同乗者一緒に周囲を確認してあげて欲しい。