海外

ニュース

【事件】飼い犬を繋ぐよう黒人男性に言われた白人女性が逆上し通報「人種差別」を理由に解雇される

米ニューヨークのセントラルパークで25日、黒人男性から飼い犬にリードを付けるよう求められた白人女性が警察に通報した。女性は翌日、勤務先の投資会社から「人種差別」を理由に解雇された。 バードウォッチングをしていたクリスチャン・クーパー氏は25日、犬が野生生物を危険にさらす可能性があることを不安に思い、犬にリードを付けるよう女性に求めた。 クリスチャン氏と、犬を連れていたエイミー・クーパー氏(親族ではない)はこの時、セントラルパーク内の「ランブル」と呼ばれるバードウォッチャーに人気のエリアにいた。ここでは、犬には常にリードをつけるよう規制されている。 クリスチャン氏によると、エイミー氏の犬がランブル内の「樹木が植えてある場所を駆け回って」いることに気付いたことがきっかけだった。 「お嬢さん、ランブル内では常に犬をリードでつないでおかないといけませんよ。すぐそこにサインがあるでしょう」と伝えたが、拒否されたという。 そこで動画の撮影を始めると、エイミー氏は「アフリカ系アメリカ人の男が私の命を脅かしている」と警察に通報すると言ってきたという。 エイミー氏はその後実際に通報。警察官の出動を要請する前に、「男はアフリカ系アメリカ人」だと繰り返し訴えたという。 クリスチャン氏が撮影した動画はソーシャルメディアに投稿され、25日中に拡散された。動画は数千万回視聴されたほか、米国内で警察官に殺害された黒人男性が多いことについて議論が巻き起こった。 クリスチャン氏のきょうだいのメロディ氏は、「常に犬をリードにつないでおかなければならないと明確に表記されているニューヨーク・セントラルパーク内の有名なエリアで、犬にリードをつけずに散歩している人がいると、私のきょうだい(熱心なバードウォッチャー)のような人が丁寧にお願いすることになる」とツイートした。■「人種差別を容認しない」 女性の勤務先だった投資会社「フランクリン・テンプルトン」は26日、女性を「即時」解雇したとツイートした。 「フランクリン・テンプルトンではいかなる人種差別も容認しない」 同社は当初、この事案について調査を行う間はエイミー氏を休職扱いにするとしていた。 ■「動物虐待」との非難も クリスチャン氏が撮影した動画には、警察に通報する際にエイミー氏が犬の首輪を引っ張り上げ、犬の前足が宙に浮いて首が絞まっているような様子が映っている。これに対し、動物虐待ではないかとの非難の声が上がっている。この動画が拡散された後、同氏は犬を保護施設に返還した。 保護団体は「犬は我々に保護され、安全に、健康に過ごしている」とフェイスブックに投稿した。 現在は削除されているエイミー氏のビジネス交流サイト「リンクトイン」やインスタグラムのプロフィール欄には、カナダの大学出身とあり、同氏がカナダ人であるかのような記述があった。 ■「黒人が思い込みによって射殺される時代」 クリスチャン氏はNBCニュースに対し、今年2月にジョギング中に白人の親子2人に射殺された黒人男性アフマド・アーベリー氏(当時25)の事件について言及した。 「私たちはアフマド・アーベリーの時代を生きている。黒人男性や黒人に対する思い込みが原因で黒人男性が射殺される時代を。私はそういったことに関わるつもりはない」
ニュース

【殺人】「コロナ重大発見」控えた中国系教授が米の自宅で銃に撃たれて死亡

6日(現地時間)、CNN放送などによると、ピッツバーグ大学医大のビン・リウ(Bing Liu)助教授(37)は先週末の2日、ペンシルバニア・ピッツバーグの自宅で頭や首、胴を銃に撃たれて死亡した。 当時リウ教授は一人で自宅におり、盗まれた物はなく強制的に侵入した跡も見つからなかったと伝えられた。 容疑者としてみられていた中国系男性ハオ・グ(46)は約1.6キロ離れたところに駐車していた車両の中で亡くなったまま発見された。ピッツバーグ警察は容疑者がリョウ教授を殺害した後、車両に戻って自ら命を絶ったとみている。 警察は2人が互いに知り合いだったとみて犯行の動機を調査している。 リウ教授はピッツバーグ医大コンピュータ・システム生物学部で研究助教授で働いていた。 この日、同部は声明を通じて「リウ教授は同僚から尊敬されている優れた研究者であり、今年だけで4本の論文を発表した多作の研究者だった」と哀悼した。 続いて「リウ教授は『SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)』感染の細胞メカニズム、合併症細胞基礎を理解する非常に重大な発見をする直前だった」とし「彼が始めた研究を完成するために最善を尽くす」と付け加えた。
ニュース

【コロナ】最前線で新型コロナと闘っていたニューヨークの医師が自殺

アメリカ・バージニア州シャーロッツビルの警察は、ニューヨーク在住のローナ・ブリーン医師が4月26日に亡くなったと明らかにした。 ブリーン医師は、ニューヨーク・マンハッタンにあるプレスビテリアン・アレン病院の緊急治療科主任として働いていた。 通報を受けて警察が駆けつけ、病院に運ばれたが、自傷行為による怪我のために亡くなったとシャーロッツビル警察は説明する。 「前線で働く医療従事者や初期対応者たちも、このパンデミックがメンタルや身体に与える影響から逃れることはできません」 「彼らは日々、大きな重圧の下で働いています。新型コロナウイルスは、彼らにさらなる重圧を加えています」と、ラシャル・ブラックニー警察署長はコメントする。 ■彼女もまた、犠牲者だ ブリーン医師の父、フィリップ・ブリーン氏は「娘は自分の仕事をしようとしていました。そして、その仕事のために亡くなりました」とニューヨークタイムズに語る。 フィリップさんによると、ローナさん自身も新型コロナウイルスに感染した。しかしわずか1週間半の病み上がりの状態で、仕事に戻ったという。 病院から自宅に戻るように言われたローナさんを、家族がシャーロッツビルに連れてきたとフィリップさんは説明する。 フィリップさんはローナさんから、次々に患者が運ばれる様子を聞いていた。中には、救急車から降りる前に亡くなった人もいたという。 最後に話した時、ローナさんは心あらずの様子だったフィリップさんは振り返る。 「娘は闘いの最前線に置かれてました。彼女はヒーローとして讃えられるべきです」 「新型コロナウイルスで亡くなったそのほかの人たちと同じように、彼女もまた犠牲者です」 ■いつも周りを気遣う医師だった ローナさんの同僚は、ローナさんが新型コロナウイルスと闘っている医療者たちのことをいつも気遣っていた、とニューヨークタイムズに語る。 新型コロナウイルスに感染して自宅で療養している時でさえも、同僚にメッセージを送って彼らの様子を確認していたという。 ローナさんが勤務していた病院は、ブリーン医師を失った悲しみを言葉にできない、とコメントした。 「ブリーン医師はヒーローです。医療の最高の理想を、闘いの最前線である緊急治療部門で追い続けていました」 アメリカ疾病予防管理センターによると、アメリカではこれまでに95万人以上の新型コロナウイルスの感染が確認されている。その1/4を超える28万人以上の感染がニューヨーク州に集中している。