過失運転傷害

ニュース

【事故】久喜市小右衛門 済生会栗橋病院前で74歳男性が車にはねられて死亡

報道によりますと、埼玉県久喜市小右衛門の路上で74歳男性が60歳男が運転する車にはねられて死亡する事故がありました。17日午後3時ごろ、埼玉県久喜市小右衛門の路上で、同市西、無職川嶋弘さん(74)の自転車が乗用車にはねられた。川嶋さんは頭を強く打ち死亡、幸手署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた幸手市香日向2丁目、無職の男(60)を現行犯逮捕した。同署によると、現場は済生会栗橋病院の入り口付近。乗用車が病院の駐車場に入ろうと右折したところ、歩道を進行してきた自転車をはねた。同署は容疑を過失致死に切り替えて詳しい事故原因を調べている。
ニュース

【事故】川西市加茂6丁目 停車中のトラックにタンクローリーが追突 男性1人重体

報道によりますと、2月15日朝早く、兵庫県川西市の県道で、停車していたトラックに後ろからきたタンクローリーが追突し、トラックの男性運転手が意識不明の重体です。15日午前5時半ごろ、川西市加茂の県道で、道路の左端に寄せて停車していた2トントラックに、後ろからきた大型タンクローリーが追突しました。タンクローリーの運転手がトラックに近づいたところ運転席には誰もおらず、トラックの前に男性が倒れてるのを見つけました。男性はトラックの運転手で病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて意識不明の重体です。  警察は、追突されて押し出されたトラックに前にいた男性運転手がひかれたとみて、タンクローリーの運転手の男(46)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。  現場は、片側3車線ある直線道路で、トラックなどの大型車両も多く利用する県道です。
ニュース

【逮捕】小島直人 大学職員の43歳男が車で小学3年生の男の子をはねて重傷負わせる

報道によりますと、10日朝、金沢市内で、横断歩道を渡っていた小学生の男の子を乗用車ではね大けがをさせたとして、大学職員の男が現行犯逮捕されました。10日午前7時45分ごろ、金沢市四十万町の山側環状道路で、横断歩道を渡っていた市内の小学3年生の男の子が左から走ってきた乗用車にはねられました。男の子は病院に運ばれましたが、頭を打つ大けがをしました。 警察は、乗用車を運転していた能美市宮竹町の大学職員小島直人容疑者43歳を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。はねられた男の子は登校中で、横断歩道には押しボタン式の信号機が設置されていたということで、警察では事故当時の信号機の色など、詳しい状況を調べています。