沖縄県

ニュース

【事件】座間味沖「ドラゴンレディ」観光客男性がダイビング中に体調不良を訴え死亡

報道によりますと、ダイビング中の観光客の男性が死亡しました。29日午前10時ごろ、座間味島の南東約300メートルの海上で、「ダイビング中に男性が苦しみだした」などとダイビングショップのスタッフから118番通報があった。三重県から観光で訪れていた男性(47)が意識不明の状態で島内の診療所に搬送され同10時38分、死亡が確認された。那覇海上保安部が死因や事故原因を調べている。  那覇海保によると、尾﨑さんは同9時15分ごろから「ドラゴンレディ」と呼ばれるダイビングスポットでスタッフともう一人の乗客と共にダイビングを開始。同9時50分ごろ、ジェスチャーで体調不良を訴え海面まで上昇した。意識がもうろうとしていたという。
ニュース

【逮捕】宮城正明 大宜味村田港「六田原展望台」レンタカー車内でいとこの女性を殺害

報道によりますと、25日、沖縄県大宜味村で、車の中で女性が死亡しているのが見つかり、警察は、一緒に乗っていた男を殺人の疑いで逮捕しました。逮捕されたのは沖縄県大宜味村の無職・宮城正明容疑者(59)です。警察によりますと、宮城容疑者は、駐車場に停めた軽乗用車の中で、いとこの平良邦子さん(59)を殺害した疑いが持たれています。  「レンタカーを返さない人がいる」と相談があり、警察が捜したところ、展望台の駐車場でレンタカーを見つけました。運転席からは平良さんの遺体が見つかり、首には絞められたような痕があったということです。  宮城容疑者は「人を殺した」と話していたものの、殺意については否認しているということです。
ニュース

【逮捕】高江洲奨 29歳介護職員が20代女性を酒に酔わせて無理やり乱暴

報道によりますと、2019年7月、那覇市内のホテルで女性を酒に酔わせ、無理やり乱暴したとして23日、介護施設職員の男が逮捕されました。準強制性交等の疑いで逮捕されたのは、介護施設職員の高江洲奨容疑者(29)です。警察によりますと、高江洲容疑者は2019年7月、20代の女性を酒に酔わせ、抵抗出来ない状態にし、那覇市内のホテルで無理やり乱暴した疑いが持たれています。 女性がその日のうちに、警察に被害を訴えたことで事件が発覚。女性は「飲んでいたところ声をかけられた」と話しているということです。 警察の調べに対し、高江洲容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しています。
ニュース

【逮捕】洲鎌覚 53歳男が重要文化財「下馬碑」に赤い塗料を吹きかける

報道によりますと、那覇市泊の崇元寺にある県指定有形文化財の石碑「下馬碑(げばひ)」の土台に缶スプレーで塗料を塗ったとして53歳男を逮捕しました。那覇市安里の自称建設作業手伝いの男(53)を文化財保護法違反の疑いで逮捕した。調べに容疑を認めているという。  逮捕容疑は13日午前10時15分ごろ、市が管理する下馬碑の土台に缶スプレーで塗料を吹き付けた疑い。  市文化財課によると、同日午前10時20分ごろ、容疑者を目撃した男性から「石碑が汚されている」と連絡があり、市職員が現場を確認した。その後、同課が那覇署に通報し、国や県に報告した。碑の高さは約2メートル。  署は目撃情報などを基に容疑者を特定し、緊急逮捕した。動機などを詳しく捜査している。  近くに住む70代の女性は「何でこんなことをするのか理解できない」と首をかしげた。市担当者は「今後、塗料の除去方法などを文化庁と相談する」と話した。  崇元寺では昨年12月、説明板に黒いスプレー塗料が塗られる被害があったほか、2017年4月にも石門の扉など計5カ所に油のような液体が掛けられる事件が起きた。
ニュース

【逮捕】関大雅 受け子で21歳大学生が80代女性からキャッシュカード盗んで現金引き出す

逮捕されたのは北谷町に住む大学生、関大雅容疑者(21)です。  警察によりますと関容疑者は2019年7月浦添市内に住む80代の女性からキャッシュカードを盗み現金59万円を引き出した疑いがもたれています。被害者の80代の女性に警察官になりすました人物から「あなたのキャッシュカードが狙われています。今から金融庁の職員を向かわせます。」とうその電話があったということです。  その後、いわゆる「受け子」として関容疑者が女性の自宅を訪れ、キャッシュカードの入った封筒と用意していた封筒をすり替えキャッシュカード盗み現金を引き出しました。  女性が封筒の中身が変わっていたことに気づき事件が発覚。警察の調べに大学生は容疑を認めているということです。
ニュース

【逮捕】うるま市州崎 公園の駐車場で19歳の少年4人が大麻所持

報道によりますと、2020年1月、大麻を所持していたとして19歳の少年4人が大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。逮捕されたのはいずれも本島中部に住む19歳の少年4人です。警察によりますと4人は1月25日午前0時過ぎうるま市州崎にある公園の駐車場で、車内で大麻を所持した疑いがもたれています。 パトロール中の警察官が車の中にいた少年たちに職務質問をすると、大麻の臭いがしたほか車内から大麻片0.2グラムが見つかったため現行犯逮捕しました。この4人のうち1人がSNSを通じて知り合った男性から手渡しで大麻を入手したということです。 警察の調べに対し4人は容疑を認めていて、10回ほど大麻を使ったと話す少年もいるということです。