山形県

ニュース

【暴発事故】舟形町猟友会の55歳男性が腹部に銃弾受けて死亡

報道によりますと、山形県舟形町でイノシシ猟をしていた男性が山中で死亡しているのが見つかりました。警察は誤って銃弾が発射されたことによる暴発事故とみて調べている。11日午後5時半すぎ、舟形町猟友会のメンバーから「銃が暴発し男性1人がけがをした」と消防に通報があった。現場は舟形町長沢の山中で、救急隊が駆けつけたが男性は腹部に銃弾を受けてすでに死亡していた。 警察によると、死亡したのは近くに住む自営業・石川欽弥さん(55)。11日は午前中から猟友会の仲間数人と山に入りイノシシ狩りをしていた。集合時間になっても戻らなかったため仲間が付近を捜索したところ、山の斜面で倒れている石川さんを発見したという。 警察は、現場の状況などから石川さんが斜面で転倒するなどした際、猟銃が暴発したとみて、14日に司法解剖し死因などを詳しく調べることにしている。
ニュース

【事故】イオンモール山形南 大型すべり台が横転して遊んでいた子供4人が軽傷

報道によりますと、山形市の商業施設内で空気を入れて利用する大型のすべり台が横転し、遊んでいた子ども4人が軽いけがをする事故がありました。事故があったのは山形市若宮の「イオンモール山形南」。9日午後2時ごろ、1階に設置していた空気を入れて利用する靴の形をしたすべり台が横転した。このはずみで遊んでいた未就学から小学校低学年の子供4人が頭を打つなど軽いけがをした。 すべり台は高さ5.5メートル、幅5メートル奥行き9メートル。東京のイベント会社の仙台営業所が設置していた。利用は有料で、事故当時、大人1人と子供5人の少なくとも6人が遊んでいて、スタッフ4人が配置されていた。 警察は業務上過失致傷の疑いで、すべり台を固定するなどの安全措置がとられていたかやスタッフの役割などを調べている。