大麻取締法違反

ニュース

【逮捕】徳山峻 栽培していた?32歳男が名古屋市北区西志賀町の自宅で大麻所持

報道によりますと、自宅で大量の大麻を所持していたとして、名古屋市北区の32歳の男が逮捕されました。男は自宅で大麻を栽培していたとみられます。逮捕されたのは、名古屋市北区西志賀町の警備員・徳山峻(32)容疑者で、18日朝、自宅で大麻草を所持していた疑いが持たれています。  別の事件を巡り、警察が徳山容疑者の自宅を家宅捜索したところ、大麻草が見つかったということです。  警察によりますと、自宅からはこのほか鉢に植えられた大麻草とみられる植物9株のほか、栽培に使われるLEDライトや金属ラック扇風機なども見つかったということです。  調べに対し、徳山容疑者は容疑を認めていて、警察は営利目的で大麻を栽培していた可能性もあるとみて詳しく調べています。
ニュース

【逮捕】うるま市州崎 公園の駐車場で19歳の少年4人が大麻所持

報道によりますと、2020年1月、大麻を所持していたとして19歳の少年4人が大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。逮捕されたのはいずれも本島中部に住む19歳の少年4人です。警察によりますと4人は1月25日午前0時過ぎうるま市州崎にある公園の駐車場で、車内で大麻を所持した疑いがもたれています。 パトロール中の警察官が車の中にいた少年たちに職務質問をすると、大麻の臭いがしたほか車内から大麻片0.2グラムが見つかったため現行犯逮捕しました。この4人のうち1人がSNSを通じて知り合った男性から手渡しで大麻を入手したということです。 警察の調べに対し4人は容疑を認めていて、10回ほど大麻を使ったと話す少年もいるということです。
ニュース

【逮捕】尹瞳 友人の母親から大麻譲り受けた16歳男子高校生を逮捕 京都市左京区

報道によりますと、京都市で大麻を所持していた現行犯で、男子高校生が逮捕されました。 男子生徒は友人の母親から大麻を譲り受けたということで、警察は入手経路を調べています。警察によりますと去年11月、京都市内の高校で「生徒が大麻を吸って、気分が悪くなっている」と消防に通報があり、警察が駆けつけると、男子生徒2人が大麻を吸っていて、1人が救急搬送されました。 警察が生徒2人の自宅を捜索したところ、1人の自宅から大麻草「0.3g」が見つかりました。 警察は大麻草を所持していた京都市左京区の高校1年の男子生徒(16)を現行犯逮捕しました。 警察の調べに対して男子生徒は「中学生の時から吸っていた」と話しています。 また警察は男子生徒の供述や携帯電話の記録から、男子生徒の友人の母親で韓国籍の尹瞳容疑者(47)を割り出し、大麻草「約3g」を2万3000円で譲り渡した疑いで、12日に逮捕しました。 尹容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているということで、警察が詳しい入手経路を調べています。
ニュース

【逮捕】16歳の男子高校生2人が乾燥大麻と大麻草の種 大麻栽培する道具など所持

報道によりますと、奈良県の男子高校生2人が、自宅で大麻を所持していた疑いで逮捕されました。大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、奈良県内の高校に通う16歳の男子生徒2人です。 警察によりますと、2月8日、男子生徒の一人が「大麻を栽培してお金を儲ける」と父親に話し、親子喧嘩になって父親が警察に通報しました。 警察が駆けつけたところ、生徒の部屋からは大麻を栽培するためのプランターや電球、加湿器などが見つかったということです。 さらに生徒は「前の日に友人に大麻をもらって吸った」と話したため、警察が友人の生徒の家を調べたところ、乾燥大麻5グラム以上と大麻草の種とみられるものが見つかりました。 2人はツイッターなどを通じて大麻を手に入れていたということで、調べに対しいずれも容疑を認めています。