【逮捕】鈴木啓晋 中野正人 公務員と業者が燕市内の配水管工事の入札情報を漏らす

報道によりますと、燕市内の水道管工事の競争入札をめぐり予め、不正に予定価格を教えたとして

地方公務員の男ら2人が、15日に逮捕されました。

事件現場はどこ?

燕・弥彦総合事務組合水道局と新潟県燕市吉田寿町4−1にある『(株)カトー』です。

どんなことがあったの?

公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕されたのは、燕・弥彦総合事務組合職員鈴木啓晋容疑者(57)と、株式会社カトーの社員中野正人容疑者(44)の2人です。

県警の調べによりますと、去年10月に実施された燕市内の水道管工事をめぐる条件付きの一般競争入札の前に、鈴木容疑者が中野容疑者に予定価格を教えて、不正に落札させた疑いが持たれています。

県警は、逮捕された2人が罪を認めているかどうかについては、明らかにしていません。

引用元『UX新潟テレビ21』

時事通信の報道

新潟県燕・弥彦総合事務組合発注の配水管工事の入札情報を漏らしたとして、新潟県警捜査2課などは15日、公契約関係競売入札妨害容疑で、同組合水道局主査の鈴木啓晋容疑者(57)=同県燕市吉田弥生町=と、会社員中野正人容疑者(44)=新潟市西区みずき野=を逮捕した。

県警は認否を明らかにしていない。


逮捕容疑は、昨年10月に実施した燕市内の配水管工事2件の入札で、鈴木容疑者が土木工事などを手掛ける「カトー」(同市)の営業担当をしていた中野容疑者に、設計価格を教え落札させた疑い。

捜査2課によると、入札では2件とも9社が参加し、同社がいずれも最低制限価格を1万円上回る価格で落札した。

引用元『時事通信』

Twitter 談合に関するツイート

コメント