【事故】プレジャーボートで釣りに出た男性3人が行方不明 海上で遺体が見つかる

報道によりますと、プレジャーボートで釣りに出ていた男性3人が海上で心肺停止状態で発見され、その後、死亡が確認されました。

事件現場はどこ?

朝佐世保市小佐々町の港から釣りに出たまま行方が分からなくなり、

西海市崎戸町沖の海上で遺体が見つかりました。

どんなことがあったの?

佐世保市からプレジャーボートで釣りに出ていた男性3人がきょう西海市沖の海上で心肺停止状態で発見され、その後、死亡が確認されました。

死亡したのは佐世保市有福町の会社員三根芳治さん66歳ら、3人です。


3人はきのう朝佐世保市小佐々町の港からプレジャーボートで釣りに出たまま行方が分からなくなっていました。

きょう正午過ぎ自衛隊の船が西海市崎戸町沖の海上で成人男性3人が心肺停止状態で浮いているのを発見。

3人は海上保安部の巡視艇で搬送され駆けつけた消防隊が死亡を確認し、その後、行方不明だった三根さんら3人であることが確認されました。

引用元『NBC長崎放送』

朝日新聞デジタルの報道

14日正午ごろ、長崎県佐世保市の黒島の南西15キロの沖合で、漂流している男性3人を海上自衛隊の艦船が発見した。

3人は間もなく県警の警備艇に引き上げられたが、いずれも死亡が確認された。


佐世保海上保安部によると、3人は佐世保市の会社員三根芳治さん(66)と弟の泰広さん(65)=佐賀県嬉野市=、知人の岩永政博さん(69)=同県武雄市。

13日早朝、芳治さんのプレジャーボートで佐世保市小佐々町の港を出たが、日没後も戻らず、家族が同保安部に捜索を依頼していた。


3人はよく黒島沖に釣りに出ていたといい、この日も黒島沖に向かったとみられる。プレジャーボートは発見されておらず、海保が捜索している。

引用元『朝日新聞デジタル』

コメント